財布を拾って交番に届けた話と、警察署の落とし物検索システムで調べることができる

 

息子の習い事の迎えで待っている時、バス停で時刻をみていたら足元にふと財布を見つけました。

10代の男の子のものと思われるデザイン。

ジッパーを開けてみたら、1000円札1枚と100円ちょっと。

ゆうちょキャッシュカードと自宅の鍵みたいだったので、これは早く届けないと!

息子を自宅に送り届けてから、すぐに近くの交番へ。

実は財布を拾ったのは初めてで、交番に入るのもドキドキしました。

 

署員さんから名前と住所と電話番号を聞かれ、「拾得物件預り書」という書類に記入してくれます。

そして財布の中身を全て出して、入っているものを一つずつ記入していきます。

 

あれです。落とし主が見つかった時、物品価格の5%~20%の範囲でお礼(報労金)を受け取れますがどうしますか?ってやつ。

お礼を受け取れるのは、現金だけなので、1100円。

 

また、落とし主が見つかった場合、私の同意があれば、氏名と住所を通知しますとのこと。
もしかしてお礼の連絡があるかもってやつです。

 

立派な財布に大金が入っていたら、間違いなく通知希望したはずですが、

キャッシュカードと家の鍵をなくして、今頃、家族で大騒動していると思うと
早く戻したいという気持ちで「一切の権利を放棄する」にチェックしました。

落とし主が見つからなかった場合、3か月経過すると、県が取得するとのこと。

 

ゆうちょのキャッシュカードに本人らしき名前が書いてあったので、

「連絡先を調べて本人に電話するのですか?」って聞いたら

警察署や交番、駐在所に届けられた落し物は、まずは所管の落とし物センターに預けられて可能な範囲で落とし主を調べて連絡してくれるそうです。

早く持ち主に戻るといいな。

 

もし大事な落としものをしてしまった時、すぐに最寄りの警察署・交番・駐在所に問い合わせて遺失届をしてください。

誰かが貴重な落とし物を警察署に届けてくれたらネットで調べることができます。

都道府県別の拾得物 (落とし物や忘れ物) 検索は こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. あすみん より:

    あつさん、優しい!!!

    すぐに届けてあげないと!って思うよね。きっと困ってるだろなぁ〜って。
    私も落とし物よく拾う体質?で、鞄とか丸々拾ったことも2回くらいあります。
    落とし主の人から泣きながらお礼の電話あったのも懐かしい。もう諦めていたそうです笑笑

    世の中あつさんみたいな人ばかりならねぇ。
    それでも日本はよその国と比べるとすごーく落とし物に優しい国だそうです。

    この国民性が変わりませんように^^

    • ajiro より:

      あすみんさんも、落とし物拾ったことがあるんですね(*‘∀‘)
      落とし主も良い人に拾ってもらって感謝しただろうな~

      以前だったら自分の情報を教えてたかもしれないけど、最近は個人情報がなんとかあるからお知らせしなかったです。

      そう、日本っていい人多いですよね~ 
      こうやって拾った後のことや検索できることを情報発信することも大事だなって思っています(^_-)☆

タイトルとURLをコピーしました