中学生になってようやく自転車に乗れるようになった息子のはなし

今晩は、誰も得しない話です( *´艸`)

たまにTwitterで中1の天然息子についてぼやいているんですが、

その息子の話が面白いっていってくれる読者さんがいるので、ちょうど昨日あった話をしますね。

人の子供の話なんかどうでもいいですが子育て中の母親の正直な気持ちを書いています。

興味があったら読んでいってください。

 

友達数人とお祭りに行きたいというので、バスで行くのかなと思っていたら
友達が自転車で家まで迎えにきてくれました。

 

うちの息子、自転車に乗れなくて、いや、転ぶのが怖いのか、自信がなかったのか、小学生の間、ずっと乗っていませんでした。

 

それなのに2日ほど前に同じ友達が自転車で遊びにやってきて、やっぱり中学生になったら1人だけ走っていくの恥ずかしくなったんでしょうね。

小学校の自転車教室以来、乗っていなかったのに、急に倉庫からひっぱり出してきたんです。

後で聞いたら最初はよろけたりしていたけど友達にアドバイスもらったりしてすぐに追いつけたようです。

 

それが2日前からのお祭りに自転車でいくというのですから、心配でなりません。

お祭り会場までは自転車で30分くらい離れているし、子供達だけで大通りを走るなんて母はとても心配でした。

 

しかも鍵のかけ方も知らないので、友達みんな待っているのに、鍵の使い方をレクチャーしようとしたところ、思いもよらない問題が!!

 

鍵が中で折れた!!!

 

折れた鍵はこれです↓

 

もう鍵はかけられない。

でもみんなで行く気満々だから早く自転車にのりたい。

 

このタイミングでこんなことある?ってパニックになりそうだったけど

息子には「その自転車に乗って行け」って言いました。

鍵はかけられないから、盗まれたら終わりだけど、

もしそうなったら「歩いて帰っておいで」って。(←なんと酷な母だ。)

 

そういうと嬉しそうに出かけていきました。

 

自分の財布は友達のカバンに入れてもらっている。
もちろん行き方も知らないし、
自転車もまだ不慣れ、
鍵の事も心配。

しっかり者の友達に託して見送ったんだけど、やっぱり心配になってきた。

 

娘(中3)に「後を追いかけてみようかな?」とつぶやくと

「そんなことしたら可愛そうだからやめて」と言われました。

まあ母親についてこられたら確かに嫌だよねぇ。

 

 

そうこう思いながらも家事をしていうち、3時間ほど経って、夕方5時頃に息子が帰ってきました。

 

聞いたらお祭りも楽しかったし、出店で焼きそばとジュースを買って、

帰りに本屋さんに寄り道して漫画を4冊買ってきたとのこと。

 

3000円を渡して、お祭りのゲームか何かで使い果たしてくると思っていたので、漫画で2000円分使うとは想像もしなかった。

しかも家に同じタイトルが2冊被ってると姉に言われて怒られていました。

 

 

帰ってきた息子はすぐに買ってきた漫画を読んでいましたが

母は、その自転車に乗って、近所のサイクルショップへ。

壊れた鍵を直しに行きました。

 

折り畳み式自転車は、盗難にあうと自転車ごと持っていかれるよと店員さんに言われたので、ワイヤーロックのタイプにしました。

 

 

鍵をなくす心配が多いにあるのでダイヤル式に。

近くにある柱と自転車を繋ぎます。

鍵は工賃込みで3600円もしましたけどこれで安心です。

 

鍵の使い方も説明したし、友達と遠出もできたし、これで本人も自転車に自信がついたんじゃないかなと思います。

いつか必要になったら自転車に乗るんだろうなってそれほど気にはしていませんでしたが、今回そのタイミングだったようです。

 

中学生になってやっと自転車が乗れるようになった息子の話でした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました